買い物難民

今、私は知り合いの高齢のご夫妻のお買い物のお手伝いをしています。
JR常磐線荒川沖駅周辺、坂のないところです。

 

 

駅周辺のスーパーはつぶれ、駅前のコンビニとドラックストア。
駅から少し離れたホームセンターの食品を扱う店舗。
あるいはイオンモール。

 

 

車がないと不便です
お米やお野菜にお水。
テッシュペーパーやトイレットペーパー類。
重さもかさもあると車がないと不便です。

 

車社会の地域ですから、
バスなどの公共交通機関は、主要な路線だけを残し廃線されました。
駅近かですから、自転車を利用して駅まで行かれ
都内まで電車通勤される方も多くいます。

運転免許をお持ちでない方もいます。
お買い物は自転車で、
あるいはまとめてお買い物をする方も多いですね。
でも、車は必需品。

 

免許返納と買い物難民

ご高齢者の交通事故が相次ぎ、
運転免許を返納される方が増えています。
私の知人もその一人。

 

お買い物、車のない生活は180度、
ライフスタイルを変えなければならなくなります。
車を手放すときに、病院への足、お買い物の足。
自分では解決できないことが出てくるものです。

 

近くにお子様や親せきなど頼れる方がいらっしゃればよいですが、
そうでなければ、車を手放す判断はできにくいもの。

 

母の一人暮らしとサポート

私の母も田舎で一人暮らしをしていました。
運転免許も持っていませんでした。

 

近くには雑貨屋さんがあるだけ。
病院やお買い物は家族が車で一緒に。
それで何とかなっていましたけど。

 

買い物難民

買い物難民の問題は、
地方ばかりでなく大都市でも起きています。

 

重い買い物袋を下げ、自宅までの道。
坂の多い街なら、なおさら。
そして高齢であればなおさら。

 

私自身も年を重ね、車を乗らなくなる日が来ます。
自分の身の回りのことが自分でできる智慧を
磨いていきたいと感じています。

 

 

健康

健康であることが一番です。
からだが元気ならば、心も元気です
病は気からと言うでしょう⁈

 

まさしくその通り!
人生100年時代。
健康寿命をいかに長くするかです。

 

日本人が誰かのお世話になって生活する期間は10年と言います。
そんなの楽しくないじゃないですか!

 

健康で生き生きと、自分の時間を楽しむ!
これが最高ですね。
子どもたちのためにもなります。

 

 

食こそ生の原点

食を大事にしています。
私たちのからだは食べたものでできている!

 

薬を飲んでも、病気は治りません。
食を変え、生活習慣を見直すこと!

いつも頑張って料理しろ!とは言いません。
まずはご飯を炊いて、お味噌汁を作ることから始めてみませんか?

 

少しづつお料理のレパートリーを増やしていけばよいと思います。
外食もあり!
上手に利用してね。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。