心と体のバランスは食から

あすから9月。
自由な夏休みから学校生活へ。
大人も休暇の後、仕事へ行きたくなくなるように、
子どもたちも同じ。
9月の初めは、毎年いのちの大切さ痛感するします。

 

 

大人の都合で食事をおろそかにしていませんか?
お小遣いをあげれば、
簡単に自分で好きなものだけで、
お腹いっぱいにすることはできます。

 

 

問題行動を起こす子供たちのほとんどが、
朝食を食べていない子、きちんと食事の取れれていない子。

 

 

便利なものはたくさんあるけれど、
子どもたちの心は置き去りにされているような気がします。

 

 

食を変えて
問題を抱えた中学生たちの食を変え、
心まで成績までを変えた話をご存知でしょうか?
食は、それほど大事なものです。
今この時期だからこそ、もう一度食を見直してみませんか?
何から始めれば・・・・

 

 

まずはバランスの良い食事から。
もっとわかりにくいですね。

 

 

”まごにやさしい食事!”
「ま」豆、大豆大豆製品。味噌、醤油、豆腐に納豆。
「ご」ゴマ
「に」煮干し
「や」野菜
「し」きのこ類
「い」いも類

できることから
煮干しで取っただしに
野菜やきのこ、お豆腐や油揚げなどを入れて、
味噌汁。

初めはだしパックからでも大丈夫!
できることからです!

 

 

バランスのとれた食事が子どもを変える!
ミネラルバランスのとれた食事が
問題行動のある子どもたちを変えた話が世界中にあります。

前にご紹介させていただいた
大塚貢先生の話。
長野の校長先生として赴任されたとき、
学校が荒廃していました。

 

 

あらゆる方向から検証し、
問題行動の根本に食が絡んでいることを見いだして、
地産地消、日本型食生活を給食に取り入れられたのです。

 

子どもたちの心を変え、成績までアップした
ミラクルですね。
成績までも上がる!
食は脳細胞まで変えたということでね。

本来の舌を取り戻す!

炊きたてのご飯を塩だけで、ぎっただけでも美味しいですね。
今の子どもたちはコンビニのおにぎりの方が
美味しいと感じる子もいるようです。

 

 

口に入れるもの大事です。
できるところから始めてみませんか?
味噌汁とご飯。
朝のスタート!
食べても食べなくても用意する!
初めはだしパックから始めても。

 

わからないことはいつでもサポートいたします。
お気軽にお問い合わせください。

 
 
最後までお読みいただきありがとうございます。
食は、健康な心と体をはぐくむもの。

 
 
どうぞ大切にしてください。
たくさんの人が健康で幸せでありますよう。
未来を生きる子どもたちのために
もう一度食について考えてみませんか?