MOONに秘めた思い

9月10日は中秋の名月と満月と木星
とてもロマンチックな月を愛でることができました。

 

虫の声を聴き、
爽やかな秋風を感じながら
夜空を照らす月に思いを馳せました。

 

サロンの名前をMOONですが・・・
ここには少し意味があって。

 

この時、私自身の心の時計が止まってしまったのがきっかけで
ヒーリングと出会いました。

 

どんなに自分の心に灯りをともそうとしても
自分を癒すものを見つけることができませんでした。

 

自分の中の母という存在の大きさに気づき
失ったものの大切さを突きつけられたような。。。

 

昭和一桁生まれの人ですから、
食事の時に少し足を崩せば、足をピシャリ!
お箸の使い方も。

 

茶碗に付いたご飯粒は、
お茶を注いで一粒残さずきれいにいただく。

 

目の前で起きる不快なことに
「人のふり見て我が振り直せ。」
なんて、母の口癖のように聞かされたような。

 

我が子に対しては、やさしいおばあちゃん。
やんわりと、しつけをしてくれているようでした。
反抗期、親のわたしとはぶつかり合うことも、
母の言うことには、きちんと耳を貸しました(笑)

 

2022.9.10 中秋の名月 自宅より

MOONは亡くなった母のお戒名から頂きました。
「月照院・・・・」

星のない夜空も照らす月明り。
人の心に陰りがあるとき・・・

 

心に一筋の光がさしたら。
少しでも笑顔が戻ったら。
ちょっと、前を向こうと勇気が出せたら。

 

闇夜を照らす月のようになれたらいいな。
そんな思いでMOONとしました。

 

私自身、たくさんの愛と光をいただきました。
少しは誰かの力になれたらいいな。

 

静かに輝く月を眺めながら。
最後までお読みいただきありがとうございます。