言葉を失う空気感

怒っているわけでもなく
何と言葉にしたら良いのかわからない

 

何とも言えぬ空気感。

いつの間にか会話が消えていく
必要以外の話をしなくなる。

 

心が痛くなる。
何とも言えぬ苛立ちと
居心地の悪さ。

 

相手が何を考えているのかわからずに
一人でもがいているもどかしさ。

 

こんな雰囲気の時に
会話をしようとしたら、
余分な言葉を口にしてしまう。

 

夫婦、親子、恋人同士・・・

 

そうやってボタンの掛け違いは
起こるものなのかも・・・ 

 

どうやっても埋めきれない心の隙間。
苦しさと寂しさで、
いつの間にか笑顔が消える。

 

ちょっと距離を置いてみる


家族なら同じ家の中で
難しいと思うかもしれないけれど・・・

 

一歩下がって会話をする。
家族ならなおさら・・・

大切なことだったりすると
なおさら感情が先走り、冷静に話ができない。

 

言わなくてよい言葉も感情で発してしまう。
そして喧嘩になる。

 

夫婦は他人。
生まれも育った環境も違うのだから
すべてがうまくいくとは限らない。

 

そこが人生の学び・・・

 

 

自分の子育てを信じてみよう

子ども
自分の遺伝子が半分だけなのだから、
違う面があって当たり前。

 

そして、生まれてきた時代が違うのだから、
私たちとは考え方が違うもの。

 

母親からすれば、少し寂しい気もするが。
子どもを一つの人格と捉えれば当然のこと。

 

親からすれば、いつまでも子ども。
つい、手を出したくなるけれど。

 

ときには、黙って見守るのも愛。
愛をもって育てたなら、
きっと伝わっているはずだから。

 

愛は免疫力を上げるもの、そうあって欲しい。

幸せと感じれば、笑顔になるよね。
笑顔でいることが、幸せを呼び寄せる!
不思議だね!

 

言葉、大切にしています。

自分の何気ない一言で
相手を傷つけてしまう。

 

自分の意としていないことも、
相手の価値観で変わってしまう。

 

言葉、難しいよね。

声のトーン、表情etc.
感じ取りながら、相手を思いやりながら。

 

優しさは言葉にしなくても伝わるもの。
日本人の得意なところだね。

 

「茶道」
人をもてなすために心を尽くす。
おもてなしの心。

 

幸せ波動が免疫力を上げる!

いつも笑顔でいたいよね!

 

嫌なことがあって。
怒っても良い!

 

我慢したら、ストレスがたまるでしょ!
だから、怒る!

 

納得いくまでちゃんと話をする!
うやむやのままにしない。

 

そうすることで、相手のことが見えてくる。
自分のことも見えてくる。

 

きっと、いろいろなことが分かるようになるよ。

家族のこと、
自分のこと。
自分の周りの人のこと。

 

素敵な自分に変われるはず!
一回り大きな自分になれるはず。

 

自分を大切に、愛せるようになれる。
幸せの一歩。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。
素敵な一日にしましょう☆彡