いい塩梅

「いい塩梅」

「あんばい」と読みます。

あまり耳にすることがない言葉でしょうか?

母が、よく使っていました。

”味付け、いい塩梅ね。”

”いい塩加減ね”と、いうよりも、

素敵じゃないですか☺

お針仕事をしていると、

”いい塩梅に合わせて”

母を思い出します。

”いい塩梅”

文字通り、料理の味のことをいう場合と

物事や体の具合や調子を表す場合に使います。

 

死語になりつつあるのかもしれませんね。

この言葉のやさしい響きが好きです。

 

 

例えば、ビジネスシーンで。

誰かに何か頼まれたとき、

適当にやっておきます!

というよりも。

いい按配(あんばい)にやっておきます!

といったほうが、感じが良くないですか。

受けるイメージが良いですね!

ビジネスの世界で使わなくなったのは、

若い世代に伝わらないという理由からと聞きます。

言葉から受ける印象は大切で、

その場の雰囲気を和らげたりするもの。

思い出したら使ってみてください。

 

お付き合い、いい距離感でうまくいく❣

「いい按配」でうまくいく。

子ども、夫婦、友達、職場にご近所さんetc.

いい距離感でうまくいく。

その距離感が難しい。

子どもに対して、親は上から目線で物申す!

思春期の子供には、信じていないのかと

親子げんかになる。

なった!我が家の場合(笑)

親は、勉強しないと…

いい大学に行かないと…

つい、言ってしまう。

それよりも、もっと子どもを信じて欲しい(⋈◍>◡<◍)。✧♡

それが、子の願い。

 

 

夫婦

仕事のこと、家庭のこと。

親のこと。

つい、口に出してしまう・・・。

所詮は他人。

育ってきた環境が違う。

考え方も違う。

だから、分かり合えなくて当たり前。

きちんと向き合って

話ができたらいいんだけれど・・・。

そこは夫婦という名のもと、

お互いの我が意地を張る。

だから、夫婦はすれ違っていく。

一番近い他人。

どこまでお互いを認め、

許しあえれば・・・

良い関係でいられるのかも。

夫婦は人の器を大きくしてくれるものなのかも(笑)

寛容という言葉が良く似合う。

ほど良い距離感が良い関係でいられるのかも。

夫、妻である前に、

父、母である前に、

○○さんという名前の人。

一緒にいることが当たり前になり。

見えなくなっていく感謝の気持ち。

 

 

職場。

色々な考えの人がいる。

だからこそ、きちんとあいさつ!

おはようございます。

お疲れ様!

ありがとう!

明るく声をかけられたら気持ちがいいよね。

 

ほんとうに大切なことは、

相手を認めることなのかも。

親子でも、夫婦でも。

他人同士はなおさらのこと。

いい塩梅が難しい。

いい塩梅で心地よく暮らしていきたいね。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

心に陰りがさした時、

MOONを思い出して頂けたら幸いです。