明日は七草

明日1月7日は「人日の日」
江戸幕府が定めた五節句の一つ
「人日」文字通り人の日なのです。

 

 

七草がゆ

七草がゆを食べて邪気を払い、一年の無病息災を願います。
新鮮な若葉を使う
自然界からの新しい生命力を頂くというコンセプトもあります。

7日はまだ松の内(1月1日から7日)。
その最後の日にあたります。
お正月のごちそうに疲れた胃をいたわり、
初春の7種の若草を使ったやさしいお粥です。
青菜の不足しがちな栄養を補給する役目もあります。

 

春の七草知っていますか?

【春の七草】
せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ
1.せり・・・食欲増進 
2.なずな・・・別名ぺんぺん草
3・ごぎょう・・・別名母子草、風邪予防や解熱効果
4.はこべら・・・ビタミンAが豊富で、腹痛の薬にも 
5.ほとけのざ・・・タンポポに似ていて、食物繊維が豊富
6.すずな・・・蕪のこと。ビタミンが豊富 
7.すずしろ・・・大根のこと。消化を助け、風邪予防!

スーパーなどでセットになったものが売られていますね。
おかゆを炊いて、塩と七草をさっとゆでたものをと合わせます。

 

 

七草が手に入らないときは、
冷蔵庫の三つ葉や大根、ネギなどを入れても良いと思います。

 

 

七草がゆの作り方
【七草がゆの分量】(2人分)
米1/2合
水600㎖ 
七草がゆセット 1個 
塩2つまみ

鍋や土鍋で炊くのも良いし
炊飯器でもおかゆが簡単に炊けますね。
土鍋で炊くと、お米のでんぷんでひびなどがふさがります。
一石二鳥!

 

土鍋でお粥を炊いてみよう!
1・米を洗って水に30分浸けます。
時間のないときはざるに5分ほど上げておいてから
炊いても大丈夫です。

2.蓋をして中火にかけ、沸騰したら弱火で30から40分ほど炊きます。
沸騰したときに、焦げ付きを防ぐため、
しゃもじで底から混ぜます。

*弱火でも吹きこぼれますので、そこだけ注意してください。
鍋で炊くときは、菜箸などで蓋をずらしてくださいね。

3.お粥が炊けたら、塩一つまみとゆがいた七草を加えて出来上がり!

 

出来立てを食べるのが、やはり美味しいです!

日本人の心を伝える
子どもたちに日本の食文化を伝えていけたら良いなあ
と思っています。
食を通して、日本を知ることにもつながっていきます。

 

グローバル化で日本人の意識は薄らいでいるような気もします。
小さなところからかもしれませんが、
七草がゆを頂くとき、七草の言われなどお話頂けたら、
嬉しいです。

 

いつもありがとうございます。
寒い一日になりそうです。
風邪をひかれませんよう。