水が細胞を洗う⁇

私たちの身体は60兆個もの細胞からできています。
その大部分が水。
血液は体中を循環し、栄養素や老廃物を運ぶ重要な役割を果たしています。

歳をとるごとに水分量が減っていく事をご存知ですか?

新生児で80%。
成人で60%
老人になると50%以下になることもあります。

老化は体の水分が減るせいなの?

年齢とともに新陳代謝が低下して・・・
体内でつくられる水の量が減っていきます。
老化は水と大いに関係があります。

老化を防ぐには、

体に良い水を

きちんとした摂り方で摂る!

これが大切です。

 

 

人間の生命活動は水で支えられている

体内における水の基本的な役割は下記の4つなどに分けられます。
1.身体の保護
2.体温や内部環境の調節
3.栄養の運搬
4.老廃物の排出

簡単に説明すると・・・
“お水サン”はあなたの司令塔“脳サン”を守り、 体温を調節してくれ、生きる為に必要な栄養素を運び歩き、そして身体の中に溜まった老廃物を排出してくれるのです。
“お水サン”はあなたにとって体の中で生きる“お助けマン”となってくれるのです。

 

きちんとしたお水の摂り方って?

私たちは毎日水分を摂取し、尿や汗などとして体外へ排出しています。
体外に排出された分の水を補給することで、
体内の水分量が一定に保たれるよう調節されています。

成人で2.5L、毎日摂る必要があります。

その摂り方も、
一度に大量に摂ると細胞に吸収されずに尿となって出てしまうので、
こまめに摂ることが重要です。

 

 

体が喜ぶ水飲み法

成人の一日当たりの体から放出される水分は役2.5㍑と言われ、汗や呼気、尿等で排出されます。 水は体内において絶えず循環しているので、排出された同じ量の水分補給が要求されます。
水を積極的に取りましょう!!一度に大量に水を飲んでも水分補給効果はありません!!
その訳とは・・・
一旦胃や腸に取り込まれた「水分」は皮膚や血液・リンパなどに行き渡り全身をめぐります。 しかし大量にかつ、一気に飲んだ水はそれら器官に吸収されず直ぐに体外へ排泄されてしまうので、 水分補給の効果はありません。「水」はゆっくり・こまめに飲むことを心がけましょう。

もう一つ、大切なことがあります。

かつて日本の水道水は安全だと言われていました。

しかし環境汚染が進み、水源となる河川や海、地下水は汚染され、

浄水場ではそれを取り除くために塩素が使用されています。

年々水質汚染が酷くなるにつれ塩素の投入量は増える状況にあります。

そして、水道の民営化。

世界で民営化をして成功した国はありません。

実際に民営化が始まっている自治体があります。

その裏には施設の老朽化が問題となっており、

保守する財源、人材の確保が難しくなっているのが現状です。

民営化されれば、その部分が不透明になる。

安心して水を使えなくなる可能性があります。

お水を買えばよいのでは?

と・・・。

飲み水だけなら良いと思います。

お野菜やお米、何で洗っていますか?

私は20年以上、浄水器の水で洗っています。

残留塩素の問題を考えると、

浄水器の水がいいですね!

 

様々な用途に使おうと考えると、

性能が良く、ランニングコストの良い浄水器!

やはり、ガイアの水135浄水器がオススメです。

 

 

ものを選ぶとき、シンプルで使い勝手がよいものを。

暮らしが健康で

心豊かになるものを

選んでいる気がします。