こんにちは。

今日はもう12月の20日。
今年も残すところ10日ほど・・・。
北風の冷たい一日になりそうですね。

大掃除、そろそろ始めなくちゃ笑
とりあえず、
使わなくなったものを処分することに。

書棚の断捨離昨日、いらない本を整理しました。
絵本や文庫本に実用書。
それとガイドブック。

段ボール2箱分。
読んだら処分すればよいのだけれど、
読み返すかもしれないと。
取りあえず、本棚にしまう。
一度読んだら、読み返すことなど
あまりない!

小説。
読みかけの本がたくさんある。
ストーリーが読めてしまうと
最後まで読まず・・・。

 

断捨離 心の変化

子どもの成長とともに
ライフスタイルの変化。
使わなくなったものが結構あります。
たくさん処分しました。
もう必要のないものだから。
別のものを使っているのだから。

自分自身の中にも変化が起きています。
未熟さゆえの葛藤。
先延ばしにしていたのでしょうね。

 

子どもは自分の愚かさを知る鏡
息子から”家って何?”
家の意味が解らないと。
この答えは、あっという間に出たのですが、
突然の問いかけに、言葉を失いました。

子どもは神様からの預かり物 
家・家庭。
私にとっては・・・
子どもを授かり育て、社会に送り出す。
その母体が家、家庭。

子どもは神様からの預かり物。
そして時期が来たら、お返しするもの。
その時期だと思って接してきました。
その感覚の微妙な違いを感じてしまったのです。
きちんと手を放すことが必要だと。

 

女性は、新しい生命が宿った時から親になる

女性は、新しい生命が宿った時から
大きくなっていくお腹とともに
親になっていきます。
無事生まれてくれることを祈り、
母乳を与え、
おむつを替え、
熱が出たり病気をすれば寝ずに看病をする。

 

親は子どもとともに成長するもの保育園や幼稚園に行くようになると、
やれ、うちの子は口が遅いとか
ほかの子と比べて心配をする。
学校に行くようになると、
さらにエスカレートして・・・
あれやこれやと気をもんで。
つい、口うるさくなってしまう。
それが子どもを傷つけていることを
母親は見えなくなっているのですね。
親という名の元、偉そうにしているけれど、
初めての子は、親も子育て1年生。
戸惑いながら
悩みながら
子どもと一緒に成長していくもの。

親離れ子離れの時期

時期が来たら、きちんと手放す!
子どもはいつまでたっても子ども。
なのですが、独り立ちしたら、
対等であることが大切なんですね。
母親は、心のどこかでやってあげているのに・・・
と、念を込めているのかもれません。
人は愚かです。
それを学びに来ているのです。
自分の愚かさを知る!
大きな学びを頂きました。

自分らしく新たな一歩

自分の時間を大切にする!
自分らしく。
もちろん寂しいですよ。
子どもにとって絶対に必要なことですから。
感謝を知る
有難さを知る
大切な時間です。

 

私自身もね。
さあ、来年はどこに旅するのでしょうか?
安心して海外にお出かけできることを楽しみに!

飛行機や電車を予約して。
宿を予約して。
本当にやりたいことだけを決めて出かけます。

あとは・・・

日常のスイッチをOFFにする!

電車の中や飛行機の中で
移り行く風景を楽しみながら。
あれやこれや思いにふける。

その土地で出会う人たち。
美味しいご飯と
美味しいお酒に
スイーツetc.
さあ、どこへ行こうかな(笑)