食こそ原点!

こんばんは
いつもありがとうございます。

 

「食こそ生の原点」
その思いは、栄養学を学び始めたばかりの頃
香川綾先生がおっしゃった言葉です。

 

 

その言葉が自分の中の「食を大切にする!」
栄養士を離れてからずいぶん時間が経ちましたが、
その根本はブレることがなかったように思います。

 

ヒーリング

自分の中の心の痛みと向き合たときに出会ったのが、
ヒーリングの世界。

 

人が健康で幸せに生きる根本にあるのが、
「食」と「思い」
自分の中の大切にしてきた部分が重なっていることに気づきました。

 

幸せに生きる根本に
「人が何を食べ、何を考えているか
これが全てなのだと言います。

 

安心・安全な食材はどこに?

農薬まみれの食材と目に見えない数の食品添加物。
”健康”という文字はどこにあるのでしょうか?
本当に安全なものはあるのでしょうか?

 

 

自分の栄養士の価値観を大きく変えることになりました。
私は、栄養学という表面的な部分だけを学んだにすぎず、
人が健康に生きるという真の意味を学んでいなかったことに気づきました。

 

真に健康に生きるための栄養学は、
日本の農業までも知る必要があると。
農業、化学肥料、遺伝子組み換え物、種子法に種苗法etc.

 

 

キレる子供の正体はミネラル不足!

キレる子供、学級崩壊
耳慣れた言葉になってしまいました。
ミネラル不足が原因と言われています。
本当に食の大切さを感じます。

 

 

年々増え続ける食品添加物の認可数。
食品表示義務のないものもを加えたら、
それだけ食品添加物を摂っているかわかりません。

 

 

何をどれだけ食べるかだけでは、健康になれないのです。
自分が手にする食材がどのように作られているかを知り、
何を選ぶかまで考えなければならない時代なのです。

 

日本の水道水の安全神話は崩壊しています。
環境汚染が進んでいるので、
塩素の投入量は欧米の10倍と言われています。

 

水も大事です。
私たちの身体の約70%が水でできているのですから。
からだの中の水は、栄養素を運び、
老廃物を出す働きがあります。

 

水は身体中をめぐっています。
塩素まみれの水道水が身体をめぐっていると考えると、
たかが水、されど水です!

 

 

もっと、もっと根幹から「幸せに、健康にいきる」ことを
真剣に考えなければならないと痛感しています。

 

 

ヒーリングをスピリチュアルな世界だけと捉えられがちですが、
幸せに生きる根本は、健康に生きてこその幸せです。

 

もっともっと真剣に幸せになることを考えていきましょう。
たくさんの笑顔が幸せな世界をつくります。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。