旅の始まりは宝徳稲荷大社こんにちは。
1泊2日、吉方旅行へ行ってきました。

 

旅の始まりは長岡。
宝徳稲荷大社。

 

今回のお宿は松之山温泉。
移動を考えてレンタカーを借りてスタート。

 

 

越後湯沢から一般道。
ナビにいれて出発したのだけれど・・・。

 

曲がる場所を間違えて。
戻ればよかったのだが、何とかなると思ったのが・・・

 

土地勘のない場所。
幾つものパス越えのあるルート。
行きつくのはわかってたが、正直不安だった。

 

自分の人生と

なんだか自分の生きてきた時間を
重ね合わせている自分に気がついた。

もしかしたら、
もっと楽な生き方があったのかもしれない。

 

生きることは選択の連続。
目の前の出来事に、その時一番と思える選択を
してきたつもりだが・・・

 

くねくねと曲がって生きてきたことに気がついた。
それが、道を間違えるということで、
フラッシュバックしてきたのだ。

 

選択の連続

まっすぐな道を選択して生きられる人もいれば
遠回りをする人もいる。

 

 

私は後者だと思う。
思わず涙がこぼれてきた。

 

起きる事は、すべて必要な経験だった。
ただそれだけ・・・

 

長い間、自分の中に封じ込めた思いを少しずつ手放して。
人に支えられて今の私がある。

 

 

たくさんの出会いに感謝なのです。
私に強さと優しさを教えてくれている。

 

一生懸命に生きること。
大切だけど、本質を見失っていることが多い。
自分の思いを押し付けているだけの時もあるのかも。

 

子育ては、そうなりがちなのだ。
今だから分かること・・・。

 

 

色々な経験は、自分の未熟さを知る学び。
泣いたり、笑ったり、怒ったり。
一つずつプラスに向けていけたらいい

 

 

一人旅
あちらこちらでお話をさせて頂きます。
みなさん、とても親切です。

 

ナビがあるけど、
不安で確認のため立ち寄ったガソリンスタンド。

 

丁寧に道を教えてくださいました。
私の不安を察したかのように。

 

地方に行くと、人の優しさを感じます。
私の住んでいるところも、都会ではないのですが(笑)

 

人の温かさが違うような気がします。
言葉の端々に感じるやさしさ・・・。

 

 

今の私たちに必要なのは、
このやさしさなのかもしれませんね。

 

 

新型ウイルスの感染拡大。
人の距離感を広げ、人間関係を希薄にしたような。

 

住みやすい社会にするのも
住みにくい社会を作るのも私たち自身。

 

今必要なこと

今の私たちに必要なのは、
人の心を笑顔にする何気ない気遣いなのかもしれません。

 

日々の暮らしの中で、
”ありがとう”の言葉を伝えられる自分でいたいと思います。

 

たくさんの人にありがとう
たくさんの方にお世話になりました。

 

たくさんの気づきを頂いた旅でした。
やさしい気持ちを頂いた旅でした。

 

ありがとうございます!
出会いに感謝!