大切な人との別れ

ここに住んで30年近い時間が流れました。

20代半ばの私。

親子ほどの年の差のご近所さんたち。

いつも家族のように見守っていただいていたように思います。

こんな関わり合いをさせて頂いていることに、ずっと感謝です。

幸せな環境を頂いたと思っています。

 

実の親をを送り、そしてお世話になった方をお送りすることがふえてきました。

複雑な心境です。

 

たくさんの愛をいただいた方を送りました。

親子ほどの年の差。

お価値観が似ていたこと。お花という共通項。

息子が生まれてからは、孫のように・・・

本当にたくさんの時間をご一緒させて頂きました。

 

体調を崩されてからは、一度もお目にかかることもなく。

お見かけしても声をかけることもできず・・・。

お別れしました。

ときどき思います。

あの時、声をかけていればと・・・

でも声をかけないでほしいという声が聞こえた気がして、気づかぬふりをして見守るだけでした。

今もあなたの声が耳に残っています。

母のように、妹のように愛をくださったこと。

お花を生けるたびに、折々に思い出します。

たくさんの愛を、ありがとうございました。