Healing salon MOON

ご好評につき♫ 第2弾 塩こうじワークショップ 開催のご案内

LINEで送る
Pocket

前回の塩こうじワークショップを終えた後に。

参加されなかったお客様から

”またやらないの?”

嬉しいお言葉を頂き

第2弾を開催することになりました。

詳細が決まりましたので。

よろしくお願いいたします!

 

ブログにも塩こうじを使ったレシピを

アップしましたが・・・

一緒にお料理してお召し上りいただきます。

お料理のコツなどをあわせて。

 

 

幸せに、健康に生きる!

お水のこと、農薬のこと。

何度も触れてきましたが、

簡単な実験をして。

目で見て、感じて頂きたいと思っています。

知ること。

それらが心や身体に与える影響はとても大きく、

見逃すことはできません。

それをどう日常に反映させるか⁈

とても大切だと思っています。

すべて知ることから始まる!

一緒に感じて行きましょう。

健康でづくりの第一歩。

 

お待ちいたしております。

ぜひ!

今回のテーマ

”幸せに、健康に生きる!”

永遠のテーマです!

 

浄水器はなぜ必要なの?

現代の水道事情

かつて環境汚染の心配がないころの日本では、世界で一番、美味しくて安全な水を供給できる国でした。

しかし現在の日本では、農薬や産業廃棄物・生活廃水といったさまざまな汚染源が増え、自然の浄化作用だけでは間に合わなくなってしまいました。

 

 

水道水ができるまで


工場や農薬の使用等で濃度の高い有機物質が排出され
家庭からは塩素系の洗剤や生ゴミの排出で
河川や海、地下水の水質汚染が酷くなるにつれ
浄水場での塩素の投入量が年々増える状況にあります。

 

塩素の危険性

水道水には多くの残留塩素が含まれています。

残留塩素とは、水道水の安全のために投入された塩素が、
水道水に残留したものです。

水道法(水道法施行規則)によって、 安全性確保のために蛇口から出る水道水には、必ず一定の残留塩素があるように定められています。

 

 

塩素は水と反応して次亜塩素酸を発生させ、続いて塩酸(HCI)と発生期の酸素(O)に分解します。この発生期の酸素は他の物質に対して強い酸化作用を及ぼし、殺菌あるいは漂白等の有益な作用を示すと同時に、細胞を破壊し人体に悪影響を及ぼします。

塩素に触れたり、吸ったりした場合この発生期の酸素は皮膚や喉の粘膜から水分を奪います。

例えば、塩素のきついプールで泳ぐと、髪の毛や皮膚がかさかさしドライスキンになりますし、小じわの原因にもなります。ですから、アトピーにとっても塩素は大敵なのです。

塩素はまた呼吸器の粘膜を傷つけ、喘息等の呼吸器疾患をさらに悪化させることになります。

その他、塩素は血管障害を引き起こし、心臓病や脳卒中の原因にもなると言われていますし、アレルギー疾患との関連も取りざたされています。

さらに塩素は水道水中に存在する有機物と反応し、発ガン性物質であるトリハロメタン生成することもわかっています。トリハロメタンは塩素の量に比例して生成することから、日本は諸外国に比べ必然的に高い濃度となります。

 

“カサカサ肌の原因”

 

水道水の塩素は、髪や肌のタンパク質を壊し、細胞に大きなダメージを与えます。肌の保水力や保湿力を低下させ乾燥肌やアトピー性皮膚炎悪化の原因とも言われています。

 

“まずい水の原因”

塩素が水中のアンモニアと反応し、あのイヤなカルキ臭となります。
水道水をまずくしているのは、このカルキ臭です。水道水を汲み置きしておき、2~3時間放置しておくとこの臭いは消えます。

 

“ビタミンを壊す原因”

水道水で、野菜・米・レバーなどの食品を洗うと、ビタミンの10~30%が損失することが、星薬科大学の分析で明らかになりました。
塩素が食品の細胞に入り込み、ビタミンを壊すことが原因です。
キャベツの千切りを氷水などにつけるとシャキッとすることは料理のコツとして知られていますが、この方法だとどんどんとビタミンが破壊されていくのです。また、干し椎茸を戻す際などのつけ置きも、多くのビタミンがなくなってしまうのです。

 

 

本当に怖いトリハロメタン

 

矛盾した水道事情

”安全な水を供給するための「塩素処理」が、
「トリハロメタン」=発ガン性物質を作り出してる”

なんとも腑に落ちない話です。

 

トリハロメタンとは?

「トリハロメタン」は私たちが安全に水を飲むため、
浄水場でに施されている「塩素処理」が、トリハロメタン生成の原因になっています。

消毒のために使用される「塩素」と原水中の「有機物」が反応してようできる 化合物です。

わき水など自然の状態の水から検出されず
飲み水として利用できるように浄水処理された水から検出される物質です。

トリハロメタンの危険性

トリハロメタンは、発ガン性物質です
トリハロメタンを大量に摂取すると、
中枢機能低下・肝臓障害・肝臓障害などを起こし、
さらには催奇形性、発ガン性までもがあり、
痴呆・イライラ・疲労・無気力の原因にもなると言われています。
近年、トリハロメタンを含む水道水を毎日飲んでいると流産率が15%もアップすることがわかりました。

 

夏場になると濃度が上昇することをご存知ですか?

気温が上昇すると、生成されるトリハロメタンの量も増加するため、暑くなるこの時期は、特にトリハロメタン濃度の監視が重要です。
「建築物における衛生的環境の確保に関する法律(通称・ビル管理法)」でも、6月~9月の間にトリハロメタンの測定を行うよう指導しています。
高温に加え、建物のタンクで貯留されている間にも、トリハロメタン濃度は上昇します。

 

台所・浴室など家庭内にも高濃度のトリハロメタンの存在

日本薬学会で発表!!
塩素が水道水の殺菌に投入され塩素系有機化合物(トリハロメタン)が生成。
揮発性の為、空気中には台所・居間は2倍浴室では30倍以上存在。
その除去は極めて難しい。
水道水・シャワー水から発生し、肺・皮膚等に吸収され発ガン性があると指摘。
(読売新聞H18.3.28より抜粋)

 

~トリハロメタン除去の誤解~


「沸騰をさせれば、大丈夫」 が一番危険なのです。
トリハロメタンは、沸騰状態で一番発生がしやすい状態となり、普段の2~3倍の量となります。15~20分の沸騰を続けて、やっと取り除くことができるので、沸騰してすぐに火を止めるのは、無意味であると同時に「危険」でもあるわけです。

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

SHARE
PAGE TOP