おはようございます。

気温が下がってと食べたくなるのが、サバの味噌煮。

今宵のレシピはサバの味噌煮

材料

サバ 1尾
味噌  大さじ3(味噌によって塩分が変わります。調整してください)
砂糖  大さじ1
酒   150㎖
みりん 大さじ1
水   150㎖
生姜  薄切り
あれば長ネギの青い部分
塩   少々

作り方

  1. サバに塩を振り10分ほどおきます。
    その間にお湯を沸かしてください。
  2. 10分おいたサバを盆ざるに皮面を上にして、
    お湯をかけます。(臭み取りになります。)
  3. サバの表面についた汚れなどを軽く洗い流し、
    キッチンペーパーなどで水気を拭きとってください。
  4. 魚が平らに並ぶお鍋に味噌以外の材料を入れ、
    ひとに立ちさせ、サバを皮目を上にして入れます。
  5. 沸騰したら、あくをとり落し蓋をして強火で3分煮ます。
  6. 味噌を5の煮汁で溶かし、2/3の量を加えて、
    落し蓋をして中火で7,8分煮ます。
  7. 残りの味噌を加え、さらに2,3分。
    とろみがついたら、完成です。

サバの味噌煮を美味しく作るポイント*サバの味噌煮を美味しく作るポイントは、
塩を振って余分な水分を抜き、沸騰したお湯をかけること。
臭みが取れます。
*たっぷりのお酒で煮ること。
ふっくら煮あがります。
*新鮮なサバを買ってくること!
それが、美味しく作るコツの一つです。
魚のにおいは、トチメチルアミン(腐敗臭)です。
鮮度が落ちてきたときの臭いです。
どんなお料理も、お魚は鮮度が大切です。

最近流行りの熟成〇〇
発酵食品とちがいっますので、
扱う人の技量が問われます。

 

フライパン一つで作るサバの味噌煮

小麦粉を振ってテフロンコーテイングされたフライパンで
表面に焼き色を付けて煮る方法もあります。
焼いた後の脂はきれいに拭きとってから、
いったんサバを取り出し、味噌以外の材料をフライパンに入れ、
沸騰したらサバを加え、強火で落し蓋をして約10分煮ます。
煮汁で溶かした味噌を加えてとろみがつくまで煮て完成です。

 

 

動脈硬化の予防や改善に効果あり!サバのDHA(ドコサヘキサエン酸)・EPA(エイコサペンタエン酸)は、
青魚の中でも群を抜き、
積極的に取り入れたい食材です!
DHA・EPAって何なの?
多価不飽和脂肪酸が多く含まれ、
悪玉コレステロールや中性脂肪を減らして、
善玉コレステロールを増やしてくれる働きがあります。

 

10月から12月が旬のサバ。
脂も乗っていておいしい時期。
旬のお魚は、お財布にもやさしい☺

白いご飯が進みます。
ぜひ、食卓の一品に!